年金手続きでの押印を原則廃止へ【日本年金機構】

厚生労働省管轄における各種手続きでは脱ハンコ化が急速に進んでおりますが、現時点で年金分野で押印が必要なものは、口座振替関連(銀行届出印)のみとなりました。

【参考】引き続き押印が必要な手続き
(1) 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書
(2) 国民年金保険料口座振替辞退申出書
(3) 委任状(年金分割の合意書請求用)
(4) 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
(5) 健康保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書
(6) 船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書
(7) 健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書(ゆうちょ銀行用)
(8) 健康保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書
(9) 船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書
(10) 健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書(ゆうちょ銀行用)

■令和2年12月25日より年金手続きの押印を原則廃止します【日本年金機構】
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202012/20201225.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務


【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904号
(株)しくみ作りプロデュース内

【電話】
045-550-3629