70歳までの就業確保措置の導入へ【厚生労働省】

高年齢者雇用安定法が改正され、2021年(令和3年)4月1日から施行されます。
改正ポイントは70歳までの就業確保の導入で、今回は努力義務に留まります。

■対象となる事業主
・定年を65歳以上70歳未満に定めている事業主
・65歳までの継続雇用制度(70歳以上まで引き続き雇用する制度は除く。)を導入している事業主

■高年齢者就業確保措置(努力義務)の内容 ※以下のいずれか<br>
(1) 70歳までの定年引上げ
(2) 定年制の廃止
(3) 70歳までの継続雇用制度(再雇用制度・勤務延長制度)の導入
(4) 70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
(5) 70歳まで継続的に社会貢献事業等に従事できる制度の導入

将来的には措置が義務化されるため、措置の導入に向けて余裕をもった準備を検討しましょう。

【厚生労働省】高年齢者雇用安定法の改正
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/koureisha/topics/tp120903-1_00001.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務


【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904号
(株)しくみ作りプロデュース内

【電話】
045-550-3629