新型コロナウイルス感染症対応特例助成金を創設

新型コロナウィルス感染に関して、新たに「新型コロナウイルス感染症対応特例助成金(両立支援等助成金の育児休業等支援コース)」の新設が公表されました。

●支給対象
支給対象新型コロナウィルスの再度の感染拡大で小学校等が臨時休業した場合に、それらに通う子どもの世話を行う従業員に対して、賃金全額支給の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く)を取得させた事業主

●助成金額
従業員1人あたり5万円、1事業主につき10人まで(上限50万円)

●申請から受給までの目安
最短3~4か月を想定

なお、申請にあたっては就業規則(育児・介護休業規程)の改定が必須となる可能性もありますので、事前に社内規程もご確認ください。

■両立支援等助成金 育児休業等支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」のご案内【厚生労働省】
https://www.mhlw.go.jp/content/000754794.pdf



このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務


【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904号
(株)しくみ作りプロデュース内

【電話】
045-550-3629