「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」支給延長へ

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」(休業要請等に応じて勤務先が休業した場合に非正規雇用者に支払われる給付金)の支給延長が正式に決定しました。

労働者自身が会社を経由せず厚生労働省の専用窓口に直接申請することで、賃金の80%(ただし上限日額11,000円)がもらえます。

●対象となる休業期間の終期について
延長前:2021年2月28日
延長後:緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末

●2021年1月以降の休業期間の申請期限について
延長前:2021年5月31日
延長後:緊急事態宣言が全国で解除された月の翌月末から3ヶ月後

●2020年4月~9月の休業期間の申請期限について(※)
延長前:2021年1月31日
延長後:2021年3月31日
※対象者:いわゆるシフト制、日々雇用、登録型派遣で働かれている非正規雇用者

■新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金【厚生労働省】
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務


【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904号
(株)しくみ作りプロデュース内

【電話】
045-550-3629