離婚

本気で離婚したいと考えたら

離婚は単に戸籍上の表記が変わるだけではありません。離婚事由にもよりますが、離婚することによることのメリット、デメリットをしっかり考える必要があります。養育費、慰謝料以外にも特に、お子さんがいる家庭は、お子さんの将来のことも必ず考えて、生活設定を立ててください。

離婚後の生活設計(離活)

少なくとも以下の点は必ず確保することが必要です。
・離婚して就職できそうか?
・収入面(子どもの学費など)は確保できるか?
・離婚して住居は確保できるか?(安定した収入がないと民間の賃貸住宅は借りられません。)

離婚協議書の作成

上記についてクリアできたら、配偶者と離婚協議をします。
養育費、慰謝料、子どもとの面会権などで揉めることが多いのですが、これが決まらないと
離婚調停にもつれ込むことになります。

養育費の算定

慰謝料は離婚を申し立てる側で金額をある程度は決められますが、養育費は慰謝料とは別物で、子ども固有の権利です。こちらは裁判所が過去の例を参考に、養育費の相場に基づき決定します。そのため、親が勝手に養育費を決定したり、放棄することはできません。


大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務

【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904
【電話】045-550-3629
【営業時間】10:00~18:00
※日曜・祝日は除きます。
※直接の面談は完全予約制です。夜間の時間外対応にも応じます。
 予約は「問い合わせ」ページよりお尋ねください。