相続

当事務所では、弁護士法に従い、紛争性のない事案に関して取り扱っております。

相続手続きは、銀行や弁護士に依頼した場合、事案の複雑さに関係なく、1回で100万円を超えてしまいます。
紛争代理がない分だけ、一般的にリーズナブルな範囲でご提案が可能です。

相続は、ある日突然にやってきます

人が生涯で相続の場面に遭遇することは数えるほどです。そのために、相続に関して知らないばかりに、無用な債務を背負ったり、受けられる相続分を受け損なってしまう場合もあります。
市販の相続関連の書籍を読んだだけでは、複雑な事案の対応について触れられておらず、思わぬ落とし穴に遭遇することもあります。

当事務所では、相続に関するご相談、アドバイス、手続きの代行を承っております。

こんな悩みはありませんか?

・まず何をすればいいのか全然わからない

・スケジュールが知りたい

・そろえる申請書類が分からない

・相続人は誰になるのか調べたい

・私の法定相続分はどれくらいか知りたい

・何が相続財産になるの?

・遺産よりも借金の方が多い場合はどうする?

・遺言書が見つかりました

・生命保険金も遺産分割の対象ですか?

・銀行の解約、生命保険の請求手続きはどうする?

・葬儀費用は誰が負担するの?

・兄弟が生前贈与を受けていました

・私は家族の中で長く親の介護をしてきました

・遺留分がよく分からない

・兄弟が音信不通で手続きが進みません

・兄が遺産隠しをしているかも知れません

・土地・建物の評価額を知りたい

・遺産分割協議を早く進めたい

・遺産分割協議がまとまりません

・遺産分割協議のやり直しがしたい

このような相談にも、当事務所では、分かりやすくご相談に応じます。また、複雑な事情に対しては、必要に応じて弁護士、税理士などと連携してご対応させていただきます。

相続の失敗例

1.相続人調査を十分にしなかった事例
 ⇒遺産分割協議のやり直しとなりました。
 ※被相続人に離婚歴がある場合、認知した子どもがいるかもしれません。

2.遺産分割協議書を作らなかった事例
 ⇒後に不動産の名義変更手続きができず、時間が経ってからの手続きが難航しました。
 ※仮に相続分を受ける者が死亡した場合、その者以外の者が相続権を取得し、手続きが一層
  煩雑になります。

3.相続手続きを放っておいた事例
 ⇒借金も相続してしまい、その借金まで払い続けることになりました。
 ※相続放棄、限定承認をする前に一部でも使ってしまうと、すべて相続したことになります。
 ⇒亡くなった被相続人の「除附票」や「改製除附票」は、除かれてから5年以上経過している
  と発行できないため、戸籍の転籍が多い方は手続きに相当な時間がかかります。
 ⇒2次相続が発生してしまい、当事者が増えて遺産相続協議がまとまらなくなりました。
 ⇒相続税を納める期間(死亡を知った日から10ヶ月)を経過し、各種相続税控除の特例が使
  えなくなってしまいました。

相続が発生したら、できるだけ早く手続きに着手することが重要です。


大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務

【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904
【電話】045-550-3629
【営業時間】10:00~18:00
※日曜・祝日は除きます。
※直接の面談は完全予約制です。夜間の時間外対応にも応じます。
 予約は「問い合わせ」ページよりお尋ねください。