「雇用継続給付」申請時に従業員署名が省略できるようになります

2018年10月から、雇用保険の雇用継続給付(高年齢雇用継続給付・育児休業給付・介護休業給付)について、事前に所定の同意書を提出することで、従業員の申請書等への署名が包括的に省略できるようになりました。

従前は原則として2ヶ月に1回、その都度署名していたものが無くなり、手続きが大幅に簡素化されます。

■厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150982_00001.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

行政書士・社会保険労務士
能見台まちかど法務

【所在地】
〒236-0057
神奈川県横浜市金沢区能見台4-3-15参番館904号
(株)しくみ作りプロデュース内
【電話】
045-550-3629